銀河の数だけ、物語がある。
新たなる「スター・ウォーズ」ギャラクシー、始動!

武田真治(俳優・サックスプレイヤー) 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)に初登場して40年以上経って、ついにスピンオフ主演ドラマが?!まず、どうやって生きてたの?『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)でサルラックに丸呑みにされてなかった?『マンダロリアン』に出てきた時はびっくりしたよ。伝説の傭兵集団「マンダロア兵団」から「マンダロア・アーマー」奪っちゃって賞金稼ぎやってるなんて、めちゃめちゃアウトローだ!さすがハン・ソロを出し抜いただけあるね。とにかく、見事な復活劇!
あっ、ずっと筋トレしてたのかな?筋肉があれば復活できるもんね!!

市川紗椰(モデル・タレント) たった28文字しか喋ってないのに圧倒的な存在感を放ち、8歳の私の心を鷲掴みにした謎多きボバ・フェット。いわゆるちょい役だったのにこんなにレジェンドな存在になった彼は、優れたキャラクターデザインとファンの妄想力と好奇心のおかげで育てたられたとも言えます。今回のシリーズがファンの長年の熱意に対する公式の答えだと思うと、期待と共に緊張しています。小学校からずっと続きを妄想してきた禁断の物語の答え合わせができるなんて…。
特に、新シリーズのティーザー映像で「俺は賞金稼ぎじゃない」と明言したのが脳裏から離れません。正義でも悪でもない奥行きが魅力的な人物なので、サルラックの胃袋から脱出し、どんな冒険を続けてきたのか。
マンダロリアンとは違い視点も楽しみですし、音楽と映像美にも期待。泥臭いメカもたくさん見たいです!

加藤浩次(お笑い芸人・MC) いやあ、ようやくこの時が来ました! 『エピソード5/帝国の逆襲』で初めて出てきたボバ・フェットをリアルタイムで観た時、その造形のカッコ良さに一目惚れ。でも、本編で彼のことはほとんど描かれていません。『マンダロリアン』で活躍するけど、依然として謎は多いまま。ただ、ボバ・フェットは自分の利害関係が一致すれば動くけど、どこにも属さないという姿勢は崩さない。そこがたまらなく好きですね。この先、ボバ・フェットがどうなっていくのか? どんな新たな面を見せてくれるのか!? めちゃくちゃ期待しています。
「スター・ウォーズ」シリーズは展開の深さと、善悪の難しさを描いているところが魅力。そこにボバ・フェットの物語が加わることでシリーズ全体の厚みもグッと増しそう。今後も続々と新しいドラマシリーズが配信となるとか。もう楽しみでしかない。ここまできたら生きている限り、観るしかないです! 

山崎 貴 (映画監督) 「あんな死に方で終わるはずがない」とあまりに残念な死に様に、「ジェダイの帰還」を見た時からずっと思っていたボバ・フェットがようやく帰ってきてくれました。しかも、ジャバ亡き後の跡目争いな感じがマフィア映画の様でゾクゾクします。ボバはタトゥイーンをどうするつもりなんでしょうか? どうか良い人にならないで、ボバ・フェットらしく悪と悪のドス黒いドラマを見せてもらいたいと思っています。 マンダロリアンのラスト、あの人の復活で沸きに沸いている中でさらに今度はボバの物語が始まることが宣言されて…さらにスピンオフのドラマが次々と発表されて…ずっとスター・ウォーズを追いかけてきた身としてはこれからどんどん空白だった歴史が補完されて史実になっていくかと思うと感無量です。

入会はこちら

すべての作品が見放題

  • 画像はイメージです。サービス内容等は変更となることがございます。
  • 配信内容は変更となる場合がございますので予めご了承ください。
  • 入会すると月次又は年次で自動更新されるサブスクリプションに登録され、更新の時点で有効な月額又は年額の料金が請求されます。
  • サービスの内容によっては、ご利用に際して月額利用料とは別に料金が発生する場合があります。
  • 入会方法により、キャンペーンへの参加資格が異なる場合があります。